GMTfoto @KitaQ . Powered by Blogger.
2014年4月30日水曜日
飯ごう炊飯 @牡蠣小屋

0

毎年実行している牡蠣小屋ウオーキング。今年は2月2日に実行しました。 小倉北区堺町公園に集合して、小倉南区曽根新田の牡蠣小屋まで14キロほどを歩いて行くのです。 途中のスーパーでアルコール類や食材を購入します。 私...

続きを読む »
kawaii

0

魚町銀天街で猫をたくさん連れて歩いているおじさんの周りに 人だかりができていました。 自分も一言断って撮らせてもらいました。 この猫ちょっとオーソン・ウェルズに似ている気がします。 (撮らせてもらっておいてひどい) © Hiroshi Satomi (里...

続きを読む »
100キロチャレンジ

今年も4月26日から27日にかけて、100キロチャレンジ(行橋~別府)が行われました。 秋のイベントよりは随分コンパクトな規模ですが、約70名の参加者をサポートするために、私も参加してきました。 制限時間は、27時間。 スタート前はウォーカーの皆さん、意気揚々...

続きを読む »
X20 見参!@銀天街界隈

GMT foto @KitaQ オフ会は夕方からなので、午後は小倉のマチを新しく購入したFUJIFILM X20のテストを兼ねて、お散歩することにした。 いつ買うべきかと悩んで半年、我慢できなくなって買ったばかりなので、まだ操作などはまったくわからないけど、扱っていれば...

続きを読む »
2014年4月29日火曜日
失われた光景

毎年5月中旬に咲く、近所の「ブラシの木」 これは去年の写真です。 秋頃、突然伐採されていました。 今はこんな感じになってしまいまいした。 きっと、色んな事情があったのでしょう。 これからも何処かでブラシの木を見かけるでしょう。 しかしその度...

続きを読む »
小倉県庁跡 洋館の壁 @室町

室町、リバーウォークの前にある洋館。 ここは、かつての小倉県庁跡です。 小倉県? という人は下の説明を見てください。 ところで、ぼくが気になっていたのはこの洋館の壁の色です。 実に微妙な色合いで美しい。 この日は、いろいろとお散歩カメラの設定を変えて撮ってみたので...

続きを読む »
西鉄バスの車窓から

七条交差点前 日常のマチを撮るのって意外と難しい。 シャッター押せば、写真は撮れるのだが、そこに写っているのが撮りたかった日常かといえばそうではない。 この日は中央町をカメラ散歩した後、西鉄バスの1番線に乗って小倉へ向かった。この1番線というのは昔、路面電車の北九州...

続きを読む »
中央町の物件

北九州の八幡東区といえば高齢者が多いことでも有名だ。 そこにある中央町アーケード、かつては三交替の製鐵マンたちで24時間賑わっていたのだが、今はその面影を見つけるのは困難。 その代わりに目にするのはテナントや入居者募集中の看板だ。 物件だけは、たくさんある。人はまばらだけど...

続きを読む »
2014年4月28日月曜日
中央町のレトロ喫茶

この写真を見ると、どこのアートギャラリーか? と思うだろうが、中央町の喫茶店です。 この日、つまり昨日だが、夕方からのGMT foto @KitaQ  オフ会の前に、ちょっと中央町を散歩してみようと、春の町から歩いていたら、アーケードの手前の横道に喫茶店があった。...

続きを読む »
中央町の猫

壁を撮っていると、その間を猫が横切ろうとする。 絶好のシャッターチャンスだと思い、猫の気を惹こうとアレコレやってみたのだが、無視。悠然と歩き去ろうとするので、「オイ、ちょっと待て」と声を掛けたら振り向いた。 やっと撮れた一枚がこの写真です。 © Junichi Noc...

続きを読む »
中央町の壁

すっかり寂れた中央町。 それでも視点を変えれば、そこにしかない美しさというのを発見できる……こともある。 ここには小料理屋があって、すっぽん鍋も出すようなので、母に今度行こうか? など話していたのだが、行く前にお店は閉店し、隣は空地になった。 するとそこにこのような...

続きを読む »
OTAKUの春

0

あるあるCityにて。 この痛車、抽選でプレゼントされるそうです。  オタク界隈は景気がいいですね。  このビル、もともとはファッションビル、ラフォーレ原宿小倉だったのですが オタクのほうがお金を落としてくれるということなのでしょうか。  今日、宗像ユリッ...

続きを読む »
2014年4月27日日曜日
トロッコVSチャレンジャー〜門司港トロッコ応援団〜

1

門司港レトロ地区のトロッコ列車「潮風号」。 柏原進氏が率いる応援団は全国のゆるキャラたちに声を掛けてトロッコ列車との競走を実現させました。 毎月第三日曜日に行われる競争に、私は撮影ボランティアとして参加しました。 私はこれからも応援して参ります。 ...

続きを読む »
 
Toggle Footer