GMTfoto @KitaQ . Powered by Blogger.
2013年11月30日土曜日
陽が沈む

ふらりと、来てみた。 屋上に留めたら、帰りに渋滞してしまった。 ゆっくりと、陽が沈んでいく、観覧車にライトがつく。 別に急いでないから、陽が沈んで、冬の夜空があたりを包むのを ゆっくりみていた。 ©Chiharu Kamimaru ...

続きを読む »
北九州市制五十周年の記念に

0

北九州市は今年で市制五十周年です。2月には記念式典や記念のライトアップなどが開催されました。ブルーインパルスの展示飛行もこれに併せて行われました。 私は仕事柄昼間で歩くことが難しいので、夜になって市庁舎の「祝50」だけでもと思って写真を撮りに行きました。夜空にはオリオン座...

続きを読む »
小文字山、足立山登山口

0

小文字山、足立山への登山口です。足立山麓に広がる森林公園の北側、メモリアルクロスや五百羅漢と道を挟んだ所にあります。 ここから小文字山山頂を経て妙見神社上宮、足立山頂へと山道が続いているそうです。 私はまだ登ったことがありません。来年こそは是非にと思っています。どなたか...

続きを読む »
真冬の工場夜景

0

若松区の洞海湾出口にある軍艦防波堤から撮影した戸畑の工場夜景です。 この日は吹雪となり、対岸の工場は雪に煙りました。 長時間露光でようやく捉えた輝きは海のうねりにかすかに映って却って素敵になったと思います。 © Tadashi Nishimura(西村 忠)

続きを読む »
北九州市の空にISS

早朝の北九州市上空を国際宇宙ステーション(ISS)が通過。 北西より出でて北東へ流れるため、高塔山公園へ。 地球を90分で回るため、写真の軌跡は15秒。 整備された高塔山公園では、早朝よりウォーキングや、河童封じの地蔵尊を掃除する皆さんとの挨拶とで元気をいただきま...

続きを読む »
黒崎の不夜城

1

昔から変わらぬ、黒崎駅前不夜城『エビス屋昼夜食堂』深夜から夜明けにかけて、飲み助の胃袋を満たしてくれ、夜が空けると夜勤明けの猛者が朝から一杯寝酒をあおる。 まさに、『不夜城』黒崎の夜にいつまでも輝く。 © Michiteru Hori(堀 道輝)

続きを読む »
美しきメルカート・旦過市場

旦過市場に入ったのは、数十年振りである。 懐かしくて、妙に嬉しく、夢中で中を歩き回った。 裏覚えだった鯨屋が、確かに今でもある。 入り口近くの花屋。 淡いほんのりとした色の、かき餅を売っている餅屋も、健在であった。 母に連れられ、足元から...

続きを読む »
2013年11月29日金曜日
小倉城幻想

0

数年前、乳がんピンクリボン運動の一環で小倉城がピンクにライトアップされた夜、小倉の街に雪が降りました。 ピンクに染まった小倉城はきっと幻想的だろうと思って撮影に出かけました。果たして、降りしきる雪と街の灯りを反射した空で見たことのない色合いの小倉城を写真に収めることが出来...

続きを読む »
赤煉瓦の記憶〜小倉北区大畠〜

0

平成24年のある日、小倉北区大畠の住宅建築現場に赤煉瓦の遺構が出土していました。私は当初、この近辺にあった「小倉炭鉱」の縦坑跡かと思いましたが、近所の地理に詳しい愛妻が「昔そこには鉄道の跡があって、よく遊んでいたのよ」と話してくれました。そこでハタと気付きました。「いのちの...

続きを読む »
虹がちらりと見えました.

北九州は若松区の北九州市立大学より。 こちらのキャンパスは北西側の1階から4階までウッドデッキになっており、 4階のウッドデッキより臨めば、遠くの景観が臨めます。 僕が通っていた頃は写真中段に見える裸の土地はまだそうではなく、 この数年ですごい勢いで開発が進んでい...

続きを読む »
幻視行―小倉城

今、見ている光景は、他の人も同じように見えているのだろうか? こういう疑問をいつも持っている。色や形のことだけじゃなく、根本的に人が見ている光景は違うのだという思いがあるからだ。 小倉城のある光景は北九州人には馴染み深いものだが、ではこの光景は昔からあったのかというと...

続きを読む »
いつか見た夕日@黒崎港

0

三菱化学の煙突と夕日、子供の頃この場所で暗くなるまで遊んで、もの凄く怒られた思い出がある。 積み上げられた、砂利、石炭、材木が藤田っ子の遊び場。 行き交うトラック、油の浮いた海、空気も汚いけど思い出の我が郷里。 荒っぽいおっさん達の喧噪の中で育った私の故郷の情景。 美...

続きを読む »
もうすぐ無くなる光景〜小倉北消防署〜

0

北九州市小倉北区江南町にある小倉北消防署です。 間もなくその役目を終えて、大手町にある新消防署へ移転する予定です。 許しを得て早朝の建物と消防士さんたちの朝礼風景を息子と二人で撮影させていただきました。 私が幼かったころからここの消防車を見るのが大好きで、小学...

続きを読む »
オレンジ色に染まる頓田貯水池

家から車で2~3分のところにある頓田貯水池は、 通りがかる度にフォトジェニックな光景を見せつけてくるので、 ついついUターンして車を止めてしまいます。 この日は私もちゃんと三脚を据えて、じっくり構えて。 しかしカメラはDP2というコンパクトデジタルカ...

続きを読む »
魚町ダンジョン 03

0

魚町銀天街に入り口がある地下街。 一本道でいくつかお店がある。現在はカレー屋さんとザ!食堂な二店。 しかし、通り自体が胃袋に強烈な食欲を叫ばせるほどのインドカレー匂。 お店がお休みでもかおりは漂い続ける。 銀天街としてはここを公衆トイレとうたっていたが  ...

続きを読む »
いつかの遠賀川の夕景

落ち込んだり、悲しいことがあると、大きな水溜りの近くに行きたくなります。 一番身近な水溜りは、やっぱり遠賀川。 溜まっているんじゃなくて、流れているから、色々なことを流してくれる。 遠くまで、遮るものが何もない広い広い空。 © Chie Mitsunaga(光...

続きを読む »
国道200号線、幸神の夜。

水の映り込みの写真はよく見るけど、これは車のボディへの映り込み。 国道200号線沿い、幸神(さいのかみ)のオートバックスのオレンジ色と、向こうに見えるのは雲をまとった皿倉山。 すぐ前に見える駐車場は、以前は「カジヤ」とか「新鮮屋」とか、変遷しながらもスーパー...

続きを読む »
2013年11月28日木曜日
 
Toggle Footer